税理士を変えたい時に気をつけるべき3つのポイント

税理士を変えたいと思った時に気をつけるべきポイントは以下の3つです。

1.知人に紹介してもらうことは避ける
2.後腐れなく関係を断つ
3.どうせだから顧問料が安い税理士に変える

この3つのポイントを簡単に実行することができるサービスを紹介した上で、それぞれの解説をしていきましょう。

税理士を変えたい時の3つの条件

税理士を変えたい時に使うべきコーディネーター

上記の「税理士を変えたい時に気をつけるべき3つのポイント」を満たすことのできる税理士紹介サービスがこちらです。

⇒ (紹介料完全無料)税理士ドットコム

詳しい紹介ページ ⇒ 税理士ドットコムの使い方・解説
 

一般的に税理士っていうのは知人に紹介してもらって顧問契約を結んだり、自分の事務所や会社に近い場所にいる税理士と適当に契約するというのがこれまでは一般的でした。

しかし、それだと実際に税理士に求めるサービス内容や顧問料・仕事内容に対する知識などにギャップが生まれてしまい、最終的には「別の税理士に変えたい」という気持ちが生まれてきてしまうんですよね。

そういったニーズに応えて新しい税理士の紹介を行っているサービスというわけなんですが、次のような特徴があります。

無料で何度でも税理士を紹介してもらえる
・希望に沿った税理士のみ紹介
・今契約中の税理士と穏便に関係を解消できる
・月額顧問料などの交渉を代行してくれる

という感じなんですね。最初に挙げた3つのポイント「知人に紹介してもらうことは避ける」「後腐れなく関係を断つ」「どうせだから顧問料が安い税理士に変える」の全てを満たしているということで、税理士を変えたいと思っている多くの経営者に利用されています。

ちなみに顧問料の減額という点に着目してみると、このサービスを利用する場合にはコーディネーターに間に入って顧問料の交渉ということもできるんですよね。そういったわけで現在顧問税理士がいるんだけれども月額顧問料や決算料に不満を感じているという経営者に人気です。

⇒ (紹介料完全無料)税理士ドットコム

詳しい紹介ページ ⇒ 税理士ドットコムの使い方・解説

それでは冒頭で述べた「税理士を変えたい時に気をつけるべき3つのポイント」について詳しく解説していきましょう。

知人に紹介してもらうことは避ける

顧問契約を結んでいる税理士に対して不満を持っている経営者の中で非常に多い点は、「税理士を知人に紹介してもらった」ということなんですよね。

人脈がああだこうだと言われて知人に紹介してもらうのは仕事内容に関係ある人で充分です。税理士まで人脈を使って紹介してもらうと業種と全然関係ない税理士がやってきますから、何をするにもいちいち説明が必要になって面倒くさいですし、人脈頼みの税理士ってイマイチなことが多いんですよね。

 
特に最近はインターネットをベースにして仕事をしている人も多いでしょうから(私もそうですけど)、パソコンもスマホも全然だめなんていう税理士はご退場願いたい・・・というのが本音です(ウェブサイト上で「ITに詳しい税理士です!」なんて書いているところは危険です。今時「IT」って・・・。面接で「パソコンが使えます!」という受験者や「エクセルは使えますか?」と聞く面接官くらい危ないですね)。

後腐れなく関係を断つ

税理士だけではなく、仕事でもプライベートでもある程度の関係性がある人との関わりを断つというのは勇気がいりますし面倒くさいものですよね。

特に、今回のように顧問税理士を変えるというのは相手の機嫌も気になりますし(そもそも素直に引き下がってくれるのだろうか?という所から不安になるでしょう。相手の税理士から見たら毎年数十万円を得られる取引先なわけで・・・)、何よりこちらの税務情報や仕事の情報が全て相手に渡ってしまっています。

顧問契約を解消したことによって逆恨みされて税務署に駆け込まれたらどうしようとか、同業他社に情報を流されたらどうしようとか不安になってしまう人もいるのではないでしょうか?

 
基本的にこういった心配はする必要はないのですが(自分が顧問税理士として見ていた個人事業主や企業を税務署にチクっても良いことないですしね)、税理士を変えたい時にスムーズに切り出すことができないということは多いでしょう。

そういった場合には上記の税理士紹介サービスでサポートしてくれるので心配ありません。紹介サービス側としても、あなたが今の税理士との関係を切れなければ仕事が進みませんから、真剣に親身になってフォローしてくれますよ。

どうせだから顧問料が安い税理士に変える

さて、あなたの業種に詳しく節税対策についてもちゃんとやってくれる税理士(そして態度もデカくない)を見つけることができた・・・めでたしめでたしという感じですが、どうせだったら今よりも顧問料が安い税理士に変えたいと思いませんか?

多くの税理士からピッタリの人を紹介してくれるサービスなんですから、そこにはある程度価格的な競争原理も働いてないとおかしいですよね。

 
そこで、希望するのであれば紹介サービス側に月額顧問料や決算料の削減交渉を代行してもらうことも可能です。特に今までの顧問税理士に無駄なお金を払い続けてきたので変えたいと思っていた場合にはこれは必須条件と言えるでしょう。

同じサービスを受けられるならなるべく安くできたほうが経営上絶対に有利なわけで・・・。

 
もちろん、最初に提示された顧問料で問題なければ費用交渉の代行サービスは使う必要がありませんし、料金を値切ることによって日常業務でのサービス低下が心配だという人も無理に利用する必要はないでしょう。

税理士を変えたい場合:まとめ

そういったわけで、税理士を変えたいという場合にはネット上の便利なサービスを使って変えると良いというわけなんですね。

⇒ (紹介料完全無料)税理士ドットコム

詳しい紹介ページ ⇒ 税理士ドットコムの使い方・解説
 

特に知人からの紹介で契約した税理士に不満がある・・・という場合に再度知人(同じ知人でも別の知人でも)に「税理士を紹介してほしいんだけど・・・」と頼むのは愚の骨頂。

知人からの紹介で税理士を探していたら、結局は同じことを繰り返して数年後にまた新しい税理士探しをすることになるでしょう(人づてに紹介を受けるというのはどうしても利害関係が絡んでくるものですからね)。

このページの先頭へ