はじめての税理士契約や、税理士変更をする時に費用を下げる方法とは?

中小企業や個人事業主では、はじめての税理士と顧問契約を結んだ時にどのくらいの費用がかかるのかということは非常に心配になることですよね。大企業と違ってこういう部分にはあまりお金をかけられないわけですから、なるべくだったら安い費用で顧問契約を結びたいものです。

はじめての税理士と契約する、あるいは顧問税理士を変更する時に顧問費用を下げることができないと、長期間無駄なお金を支払い続けることになります。そこでこのページでは、税理士と顧問契約を結ぶ時に費用交渉を代行してくれるサービスを紹介しています。

また、税理士を変更する、あるいは初めて税理士と契約する時に参考になるように、顧問契約をした場合の費用相場についても調査しておきました。

一般的な税理士顧問契約での費用相場

個人事業主が契約した場合の一般的な例です。

月額顧問料 決算料 年間合計 その他
東京都中野区のK会計事務所 2万円 10万円 34万円
愛知県名古屋市のY税理士事務所 1万5千円 6万円 24万円 記帳代行は月100仕訳で3000円
熊本県熊本市のN税理士事務所 2万円 8万円 32万円
神奈川県横浜市のS税理士事務所 2万円 10万円 34万円
東京都港区のR会計コンサルティング 2万5千円 5万円 35万円
ネット相談可能なB税理士法人 2万5千円 15万円 45万円

日本税理士会連合会の調査によると、個人事業主が顧問契約を結んだ場合に5割くらいが月額顧問報酬3万円程度、法人の場合には8割くらいが月額顧問報酬5万円程度という感じになっているようです。
(個人事業主の半数は月額顧問報酬3万円以上、法人では2割が5万円以上を支払ってしまっているということでもあります)

確定申告などの決算報酬に関しては、個人事業主では5万円以下が50%・5万円から10万円が30%・残りの20%が10万円以上の費用を支払っているとのこと。

法人の場合には10万円以下が20%・20万円以下が40%・残りの20%が20万円以上の費用になっているようですね。

全国的にはこのくらいの感じが税理士報酬の平均的な費用になっていると考えられます。正直な所、個人事業主や中小企業の経営者から見るとこの数字はかなり高いと言えるんですよね・・・。特に平均よりも高い税理士報酬を支払っているというのであれば、現在の契約見直しを交渉する必要があるんじゃないでしょうか?

 
もっとも、現在の顧問報酬費用に対してそれ以上の仕事をしてもらっているというのであれば、税理士費用の引き下げ交渉をする必要はないでしょう。これまで通りの仕事をしてほしいというのであれば余計な価格交渉なんかは全くする必要がないわけなので・・・。

はじめての税理士費用を下げるなら税理士紹介エージェントを利用

さて、こうしてみると顧問税理士の費用というのは非常に高く思えますよね。なぜこんな金額になってしまっているのかというと、ほとんど全ての経営者が(個人事業主・法人ともに)専門の税理士紹介サイトを通さずに顧問契約を結んでしまっているからなんです。

エージェントを通さずに直接契約をしてしまえば相手の言いなり状態ですから、毎月の月額顧問料や決算料が高くなってしまうのは当然です。

そこで税理士の無料紹介を行っている「税理士紹介エージェント」を活用するのが良いでしょう。ここでは新たな税理士を無料で紹介してくれるだけではなくて、価格交渉や細かい条件についても代理で交渉を行ってくれるので、はじめての税理士と最初から関係を悪くしたくないという場合には使えるサイトでしょう(紹介を受けている税理士側でも料金交渉などがエージェントから入ることを知っているので楽ですね)。

こちらをクリック ⇒ 税理士をお探しなら『税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント』
※完全無料で使えます

最短で即日紹介、土日祝も24時間受け付けを行っています。

もしも今税理士と契約していて、その税理士が顧問報酬に見合った働きをしていないというのであれば、この機会に思い切って税理士を変更しないと永久に損をし続けるということになります。仮に顧問報酬を引き下げたとしても、使えない税理士が全く使えない税理士になるだけですしね。

であれば、今契約している税理士よりも有能な税理士と価格交渉をした上で安い費用で働いてもらったほうが良いでしょう(もちろん業務内容によっては費用削減ができない場合もあります)。長い付き合いだから契約の打ち切りを告げるのが憂鬱とかそういう話をしている場合じゃありません。

 
【利用するメリット】

・税理士と面談して契約するかどうかを判断するだけで済む
・何度でも無料で紹介してもらえる
・顧問料や決算料を自分で交渉する必要がない

【利用した場合のデメリット】

・完璧な税理士(誰よりも安くて誰よりも有能であなただけに尽くしてくれる!みたいな)はいないので、自分で面談をする必要がある
・100%税理士を紹介してもらえるわけではない
 はじめての税理士契約ではなくて税理士を変更するという場合、エージェントが「今契約している税理士のほうが安い、あるいは優秀」という判断をした時には新しい税理士を紹介してもらえないこともあります。

税理士費用はただただ下げればよいわけではない

先ほどもちょっと触れましたが、税理士費用をとにかく引き下げようとしてやってしまう失敗としてありがちなのが、限界まで顧問料を下げたために受けられるサービス内容までも限界まで下げてしまうというケースですね。

仕事がなくて困っている税理士の中には月額顧問料3000円などというとんでもない格安料金で引き受けるところもあるんですが、こういった場合はほとんど仕事をしてもらえません。相談は別料金、節税対策の提案も当然なし、さらに事務作業は税理士本人ではなくて無資格の事務員がやるのでミスを連発・・・

これではそもそも税理士費用を支払う意味がありませんから、どういった作業内容や提案サービスを受けたいのかということをはっきりさせた上で価格交渉は行うというのが良いやり方です。

はじめての税理士と契約を結ぶかどうか

最初に上げたケースで見たとおり、自分で直接税理士と顧問契約を結ぶ場合には年間トータルでの費用がかなり高くなってしまいます。

しかも、ここで上げている例については全てインターネット上で契約例を公開している税理士事務所のデータですから、ウェブサイトを持たない税理士事務所を自分で探したり知人から紹介を受けたりした場合にはこれよりもさらに高い費用になることがほとんどでしょう(ウェブ上で営業をしている税理士事務所は他との比較が入るので低価格になりやすいです)。

 
仕事を始めたばかりの個人事業主や法人の場合には、あまりにも高い税理士費用ではとても払えないでしょう。多少儲かっていて上手に節税ができたとしても、その節税額が税理士費用を上回っているかといえばおそらくそれは微妙でしょうし、毎年それだけの利益を上げられるかといえば疑問符が付きます。

実際、個人事業主であっても中小企業であっても税理士費用が高すぎるためにそこで経営を圧迫してしまっているというケースが多いですし、資金が少なすぎてそもそも契約できないということもあるでしょう。税金に関係する事務作業を全て税理士事務所に丸投げした場合には年間で50万円とか普通にかかってしまいますし、売上規模と比較すると明らかに税理士費用が高すぎます。

 
税理士をつける一つの基準としてある程度儲かっているということは必要ですから(赤字なのに節税がどうとかって考えている余裕はないわけで)、上で紹介したような金額での顧問契約ということになると二の足を踏む人がほとんどなのではないでしょうか?

当たり前ですけど確定申告とか日常の経費処理とかが全くわかっていないのであれば、自分で一生懸命勉強するか顧問税理士をつけるかの二択になりますし、自分自身で全部処理をして後々余計に課税されるくらいだったら税理士を使うほうがマシかも知れませんが・・・。

自分自身で税務作業と節税をする場合

ですので、あまり儲かっていないので税理士と契約するほどお金はないけれどもどうにかして節税したいというのであれば自分で勉強していくしか方法がありません。

もちろん税務の勉強をやってみて自分一人では無理だと思うんだったら顧問税理士をつければいいでしょうし、事業規模と余裕資金を考えた上で決めるとよいのではないでしょうか。

法的に税理士をつけなければならないという決まりはありませんし(そんな無茶苦茶な法律ありませんから)、ある程度利益が伸びてきてから契約するというのでも良いでしょう。

税理士を自分で探すとこんな目に遭うことも

このページで紹介している税理士紹介エージェントですが、ここは完全無料で利用できるわけです。しかし、こういった便利なサイトがあるのに世の中にはなぜか「自力で探す!人脈が一番!」とかって言って自分自身で税理士探しのたびに出てしまう人がいるんですね。

でも、自分の足で探したり人脈に頼って紹介を受けたりするとろくなことがありません(こちらのページでも書いています)。

はじめての税理士契約ではなくて、今の税理士が使えないとか相場よりも費用が高すぎるとかっていう人は、そもそもの最初が「人脈での紹介」「自分で近所から見つけた」ということだったのではないでしょうか?

そういう探し方だと不満がある時にも言いづらいですし、契約を切りにくいということになります。税理士紹介エージェントを利用した場合にはそういった事態にはなりませんし、事前に面談をしてから契約するかどうかを決められるので後々不満が出てくることは少ないですね(人脈での紹介だと契約せざるを得ないでしょう?)。

税理士紹介エージェントでの申し込みから契約までを解説

では、実際に税理士紹介エージェントを使う場合の流れを解説していきます。

1.こちらのリンク先(⇒税理士をお探しなら『税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント』)上部の問い合わせフォームまたは下部の問い合わせフォームから「問い合わせ内容(選択)」「都道府県(選択)」「あなたのお名前」「電話番号」「メールアドレス」を入力して送信。

上部の問い合わせフォームはここ。

下部の問い合わせフォームはここ。上部・下部どちらの問い合わせフォームを使っても構いません。

(上記画像はPC画面の場合です)

2.あなた専任のコンサルタントが詳細な要望をヒアリングします。
3.ヒアリング内容に基づいて最適な税理士が紹介(無料)されます。
4.紹介された税理士と面談。
4-2.条件が合わない・相性が悪そうな場合には別の税理士を紹介(無料)してもらって再度面談。
5.条件に納得できれば契約。

よくある質問

Q.なぜ税理士紹介エージェントは無料で利用できるのか?
A.税理士側が費用を払っているので経営者側では費用支払いが必要ありません。

Q.だったら税理士紹介エージェントを通さない方が安くなるのでは?
A.直接探して問い合わせた場合でも税理士費用に差はありません(むしろ交渉や相談を受け付けるエージェントを使えないので直接問い合わせして契約する方が不利でしょう)。

Q.今の顧問税理士を解約するのが不安。
A.解約後も守秘義務が続くので情報漏れの心配はありません。情報を漏らされた経営者よりも情報を漏らした税理士側が圧倒的に損をするので大丈夫でしょう。

Q.個人事業主ですが税理士を紹介してもらえますか?
A.個人事業主でも法人でも、規模を問わず税理士の紹介を行っています。

 
こちらをクリック ⇒ 税理士をお探しなら『税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント』
※完全無料で使えます

このページの先頭へ