利益が結構出てますが、経費がほとんどありません。という時の節税?

「個人事業主です。毎月結構利益が出ていますが、経費がほとんどかかっていません。結果としてほぼ売上に対して税金がかかっている状態でなんだか不快です。何かいい方法はありませんか?」

ありません。ごめんなさい。

えーと、不正に経費を作り出したとしても、最終的にはバレて余計な税金を払うことになるでしょう。実際には仕事と関係ないのに交際費と称してご飯を食べまくるとか、プライベートの旅行費用を交通費に入れるとか、税金を払いたくないという人の中には結構無茶苦茶なことをやる人もいます。

でもそういう人達っていうのは結局元から払う予定だった税金を余裕で上回ってしまうはずです。だったら最初からまともに確定申告してまともに税金を払ったほうが安上がりです。

第一、経費がかかってないなら手元にずいぶんとお金が残っているはずです。ウラヤマシイ。まぁ、そういった場合の簡単な節税対策として考えられることとしては、正当に受けられる控除をちゃんと申告、青色申告(さすがにやってますかね・・・)、小規模企業共済などでしょうか。

私も基本的にはインターネット経由での売上がほとんどですので、正直経費と言えるような経費がありません。質問者の方ももしかしたら同じような立場かもしれませんね。

むしろこういう状態だと税務署側としても税務調査には入りづらいんじゃないかと思います。経費がほとんどありませんから「これは何で経費に入れてるんですか?」というチェックはそもそも成り立ちませんし、そう考えると収入のごまかしを発見する以外にはありません。

だからと言って収入をごまかしている人がいるかどうかというと、経費がほとんどないような人っていうのはほとんどネット上で金銭のやり取りも完了しているので、現金ではなく銀行口座への振込がほぼ100%なんですよね・・・。

透明すぎるほど透明なので、税務署としては「どーせ何も見つからない個人事業主」として除外されていることが多いでしょう。税務署員としても調査に入ったけれども何も見つけられない上あっという間に終わってしまった、なんて嫌ですから。

 
もちろんその上で何とか節税策を講じたい、というのであればちゃんとした税理士と契約するということ以外にはないでしょう。

税理士に支払う顧問料や決算料という形で支出は増えてしまうわけですが、それをカバーできるくらいの節税策を提案してもらえれば得はあっても損はないわけですから。

このような考えで税理士をつけるのであれば、毎月の顧問料をなるべく安く抑えることは大事ですね(顧問契約をする前の事前交渉が重要ということになります)。

節税と同時に考えるべきこと

節税も大事だと思うんですが、今回の話のように経費がほとんどなくて利益にそっくりそのまま税金がかかってきてしまう、ということもあります。今までの世界では考えられないようなことではありますけど、インターネットが普及した現在では結構こういう悩みを持った人はいるんですよね。

ネット広告関係なんかだと本当に経費にできそうな出費が見当たらないという人も結構いたりします。電気代・電話代・サーバー代・ドメイン代・家賃・・・あと何だ??みたいな状態の人が。「じゃあ外注さんでも入れてもっと儲けたら?」みたいな話になるけどなかなかそこまでは踏み切れない・・・みたいな人が。

・・・ちょっと脱線しました。

 
実際のところは、ちゃんと確定申告をしている限りにおいては利益の全部を税金で持っていかれてしまうということは絶対にありませんので(予定納税とかを考えると結構消えますが)、一生懸命節税しようとして無駄な経費を増やすなんていう間抜けなことになってしまうよりは、次の年の利益をもっと増やすことに能力を使った方がいいでしょう。

安くて優秀な税理士を探しているなら

・新しく税理士と契約したい
・今の税理士の顧問料金が高すぎる
・業界に詳しくない税理士を避けたい
・他の顧客からの評価を知りたい
・自力での節税に自信がない
・とにかく全部プロに任せたい

安くて優秀な税理士を探している経営者に人気のサービスです。

相談サイトはこちらから(無料です) ⇒ 税理士ドットコム

【メリット】

・税理士と面談して契約するかどうかを判断するだけで済む
・紹介料なし。何度でも無料で紹介
・自分で顧問料や決算料を交渉する必要がない
・全国対応、24時間受け付け
・メールまたはFAXで紹介
・業種別で得意分野を持つ税理士を紹介

【デメリット】

・100%税理士を紹介してもらえるわけではない
 コーディネーターが「今あなたが契約している税理士のほうが安い、あるいは優秀」という判断をした場合には新しい税理士を紹介してもらえないこともあります。

このページの先頭へ