「節税ドットコム」完全マニュアルで手間をかけずに節税する

【お知らせ】
このページで紹介している個人向け節税マニュアルは販売を終了しました。
中小企業経営者&法人成り検討中の方向けの節税マニュアルはこちらから。

⇒ 中小企業経営者&法人成り検討中の方向けの節税マニュアル

 

もう節税情報を探して時間をムダにするのはやめませんか?

あなたは暇になる度に(もしくは暇でないとしても)
「何かいい節税の方法はないか?」
と一生懸命ネットサーフィンをしていませんか?

インターネットだけではなく書籍などからも様々な情報を得て、
節税の知識だけはたくさん持っている。
 
 
それなのに実際の納税額が減らない・・・

という人はあなただけではなく日本中にたくさんいます。

税理士に頼まなくても自分一人で節税できました

実際、それほどの売上規模がないのであれば
わざわざ税理士に高い顧問料を支払って面倒を見てもらうまでもありません。

私が推奨する『節税マニュアル』を利用することで、
税理士をつけているのと同等の節税対策をあなた自身で実施することができます。


適当にその辺で購入してきた節税本をあなたは持っているかもしれません。

ですが、冷静にその中身を検討してみれば

  • すでに実施しているような節税策
  • 高度過ぎて使えないような節税策
  • 使い物になれないような節税策

ばかりが並んでいないでしょうか?

もちろんデメリットはあります

もちろんこの節税マニュアルにもデメリットはあります。

税理士との顧問契約をするわけではないために、
マニュアルを読みながら自分で税金を減らすための対策を
とっていかなければならないというわけです。

あなたの事業に当てはまる節税方法・あなたの現状で使える節税方法を
自分で判断して使っていかなければなりません。

・・・とは言っても、マニュアルの内容に関することであれば
制作スタッフがメールでサポートをしてくれるので大丈夫だと思います。

「スタッフにメールして聞くのが恥ずかしい」
「ちょっとしたことを聞くのが面倒くさい」
という場合には使いにくいかもしれませんけど。

脱税という危ない橋を渡る必要はない

税金が減らないからと言って安易に脱税に手を染めてしまう経営者は後を絶ちません。

しかも手の込んだ方法ではなく、売り上げを隠したり架空の経費を作ったり。
 

そうならないために税金のプロである税理士が存在します。

毎月顧問料を払って相談すれば、あなたに合った節税対策を指示してくれることでしょう。

もちろん顧問料を払う余裕と売上があればそれでいいんですよ。
費用対効果がちゃんと計算できるわけですしね。
 
 
問題は、大して利益額が大きくないのに税理士と顧問契約を結んでいる人。

こういう人の場合には、

顧問料>節税額

となってしまっていることが少なくありません。

月額顧問料15000円って高くないですか?

小さい企業や個人事業主の場合、税理士と顧問契約を結ぶと
平均的な月額顧問料は安い場合でも15000円前後になるでしょう。

さらに確定申告を行う際に決算料で6ヶ月分を支払えば、
年間で合計27万円もの支払いをすることになります。
 
 
果たしてこれは小さな企業や個人事業主にとって、
妥当な金額だと言えるでしょうか?

顧問契約を結んでこれだけの支払いをするメリットを
得ることができているでしょうか?
 
 
おそらくここを読んでいるあなたは、
「そこまでの価値がない」
と判断しているはずです。

もしあなたが「節税は税理士にしかできない」と思っているのなら・・・

もしもあなたが
「節税は税理士に任せないとできない」
と思っているのであれば、それは大きな誤りです。

小さい企業や個人事業主の場合、最も上手く節税対策を取っているのは
税理士と顧問契約を結んでいる人ではなく
「自分自身で節税対策を取っている人」
なのです。

税理士に頼んでも顧問料でプラスマイナスゼロになってしまうことは
先ほどもお話ししましたね。
しかも年額27万円というのは
・半年に一度の訪問
・帳簿も自分で作成している
という最低ラインでの契約時の平均値ですから、
大抵の経営者はこれよりも多額の顧問料を支払っています。
 
 
多額の顧問料を支払っていては、
どれだけ節税ができても儲かるのは税理士であなたではないわけですからね。

あなたも一生使える税金対策マニュアルを手に入れたくありませんか?

そこで費用対効果を考えた時に活用するべきなのが、
当サイトで紹介している節税マニュアルですね。

自分で税金の勉強をする手間が減るのにこの先何年、何十年にもわたって税金を減らすことができる・・・インターネットで税金対策について調べることも、本屋で店員の目を気にしながら立ち読みする必要もなくなります。

税理士の何十分の1の価格で手に入る。10年、20年使うとすれば何百分の1という価格になる。しかもメールサポートとマニュアルの永久バージョンアップがあるので使い勝手は普通の税理士事務所以上。

脱税なんかしなくてもお金が残る、むしろ手間がかからない節税策を中心としたラインナップ・・・手間がかかるし大した節税にならないなんていう方法からあなたを解放します。

税金が減って手持ち資金が増えるのであなたの労働時間も減らせます・・・ただし、小さい企業か個人事業主じゃないと無意味な対策です。

一度購入すれば永久的に使える・・・バージョンアップされるので、毎年節税情報を調べなくても大丈夫。独力でやろうとすると、税制改正に対して『自分の力』だけで対応しなければなりません。

マニュアル内容についてのメールサポートを受けることが可能・・・しかもサポートを受けるために毎月の顧問料などは一切不要です。

使えない税理士に当たってイライラしなくても済む、というのは重要。そもそもそんな税理士にお金を払うなんて、ドブに利益を投げ捨てているようなもの。

税理士がいなくてもできる、税理士に相談する必要がない、そもそも税理士を探す必要がない。税理士費用が一切不要になるのですから、その分を再投資に充てることも可能です。

大企業ではなく、あなた専用の節税マニュアル・・・小さい企業や個人事業主向けに作成されているので、自分に合わない節税対策ばかりだった・・・という市販の書籍のようなケースが非常に少ないです。

短期間で確実な節税効果をあなたの手に。税金が減るので資金繰りが楽になるというのはギリギリ黒字であっても資金に余裕があってもうれしいものなんですよね。

購入者はメールサポートが受けられる・・・のにも関わらず、顧問料不要という暴挙。税理士業界に喧嘩を売っているとしか思えないアフターフォロー付きです。

広まると規制の穴を塞がれる可能性があるので注意、規制の穴が塞がれる前に購入を・・・将来的に使えなくなる可能性があるんじゃあ意味がない?いいえ、同じ節税策を何十万円の顧問料で教わるほうが意味がありません。

税理士に対して税務相談の問い合わせをイチイチするのは結構面倒くさいものです。この節税マニュアルだったら自分で読んで自分で実施するものですから、余計なタイムラグを必要としません。

一番効果があるのは9人以下の企業&個人事業主。面倒な節税をしたのに税額が数千円しか変わらないという事態を免れることができます。

使えない税理士と契約してしまってイライラすることも、無駄な顧問料を支払う必要もありません。

  • 何かを問い合わせしてもいちいち反応が遅い
  • 新人税理士を充てられた
  • 新人税理士ならまだしも単なる事務員が訪問してくる
  • 顧問料がバカみたいに高い
  • 税金より顧問料が高い

あなたが顧問税理士をつける道を選ぶとしたら、
こういった問題でイライラする可能性が当然存在します。

特に、顧問料の問題はビジネスを行っていく上で致命的と言わざるを得ませんね。

売上規模も利益も小さいのに税理士をつけるっていうのは、
結局節税した分を税理士に貢いでいるようなものですから。

Q&A

Q.私だけでも実践できる節税策が書かれていますか?難しいことが書かれているのではないですか?

A.1から10まで手順通りにやらなければならないグレーな節税スキームを指導しているわけではなく、
テーマ毎に自分に当てはまる節税策を実施できるように書かれています。
コンパクトにやるべきことをまとめているので
読んですぐ実践に移せるものがほとんどです。

Q.支払いは本当に最初の一回きりですか?

A.最初の一回きりです。
顧問税理士と契約して事業を見てもらう場合には
毎月の税理士費用や決算費用を払う必要がありますが、
このサービスを購入している人のほとんどは
節税ドットコムのマニュアルとメールサポートだけを利用しているので
それ以降の支払いをしたことはありません。

このページの先頭へ