自営業者の確定申告とは?赤字の時にもやるべきなのかを回答

公務員やサラリーマンだとよほどのことがない限り(あるいは一生)経験することのない確定申告ですが、独立するなどして自営業者になった場合には毎年絶対にやる必要が出てくるのが確定申告です。

確定申告によって計算された金額から所得税や住民税・事業税などが決まり、それを納付するというのが最大の目的なんですが、税金を払いたくないという理由で確定申告をしていなかったりそもそも確定申告という制度自体を知らなかったりする自営業者も多いようです。

税金を払いたくない場合には確定申告をしなければいいのか?

公務員やサラリーマンの場合には誰か別の人が勝手に計算をしてくれて、給料からの天引きで勝手に納税まで終わってしまうので、中には自分が税金を納めているという意識が全く無いという人もいるでしょう。

しかし、自営業者になった場合には全く違います。

全ての入出金を自分で管理して、どのくらいの利益が出ているのかを計算して、確定申告で税務署に申請し、決められた納税額を自分で払いに行く(あるいは口座引き落としにする)という手順が必要になるんですね。

 
・・・ということは。

確定申告をしなければ税務署側ではどのくらいの利益が出ているのかを知ることができません。

つまり、確定申告を避けることで税金を請求されることを防げるのでは!などと安易な考えに至ってしまう自営業者も中にはいるわけです。ビックリですが。

 
確かに、数年は放置しておいても税務署がやってくることはないでしょう。その間は実際に払うべき税金を支払うこと無くぬくぬくと暮らしていくことができるでしょう。

 
しかし、大抵の場合にはそれは税務署が見落としているのではなくて泳がされているだけだったりします。

確定申告をしていないとしても、別の方向から「実は自営業者として稼いでいる人」を推測することができるんですよね。

銀行口座の入出金だったり、店舗を構えている場合には何日か見張っていたりすればOK。最近はネット取引が増えていますから余計に調べるのが簡単になっています。

で、何年か泳がせておいて突然税務調査に入り、重加算税やら延滞税やらを毟り取っていきます。

 
こうした場合には本来払うべきだった納税額よりも遥かに多い税金を課せられてしまいますから、最初っから正直に確定申告をしていたほうが全然マシだったということになるんですよね。

確定申告を忘れていた場合にはどうすればいいのか?

確定申告をするのを忘れていた場合や、存在自体を知らなくて今までやっていなかったという場合には今すぐにでも過去の分の申告を行う必要があります。

⇒ 確定申告を忘れていた場合にやるべき事

利益が出ていない自営業者も確定申告が必要なのか?

ここまでの話は主に利益が出ている自営業者の話でした。では、利益が出ていない(赤字になっている)自営業者は確定申告をする必要はないのでしょうか?

結論から言うと、赤字の自営業者も確定申告をする必要があります。

そして、その確定申告は逆に利益を生む可能性もあるんですね。

 
赤字になってしまった場合には、損失分を翌年度以降の利益から差し引くことが制度上可能になっています。

この制度を利用するためには損失を出してしまった年にも確定申告をしておく必要があるんですね。

2017年に100万円の赤字が出て、2018年に200万円の黒字になった場合には、損失を繰り越すことによって2018年の利益から100万円を差し引くことができるというわけです(結果、100万円の黒字ということに)。

 
また、赤字だからと言って確定申告をしていない状態であっても税務署がやってくることは当然あります。

この時に確定申告をしていないとか帳簿付けをしていないとかって言う理由で経費などの参入が認められずに、結果的には黒字扱いになってしまって余計な税金を取られる・・・という可能性もなくはないですから、常にどんな状態であっても確定申告は毎年行う、ということを覚えておきましょう。

自分でやるのは面倒くさい?

ただ、毎年自分で確定申告をやるのは面倒くさかったり、やり方が分からなくて苦労しているというのであれば顧問税理士をつけて代わりに申告書を作ってもらったほうがいいでしょう。

税理士探しが無料でできるサイト ⇒ 税理士ドットコム

このページの先頭へ