確定申告を忘れていた時にやる事はこれ

毎年のように確定申告をしているというのであれば、たまたま忘れていたなんていうことはないと思います。

しかし、脱サラして1年目だとか相続とか何らかの理由で深刻が必要になった立場の時には確定申告をうっかり忘れていたということもあるでしょう。

中には「税金を払いたくないから」なんていう理由で確定申告をスルーしてしまう強者もいるのですが、そういった場合には後で巨大なしっぺ返しがやってきます。

 
今回はとりあえず、やらなくてはいけないのに忘れていた・うっかりしていたというケースについてどうすればいいのかを書いていきます。

とにかく今すぐ確定申告を

税務署に対して行う確定申告は、例えば個人(個人事業主)であれば毎年2月16日から3月15日の間、というように期限が定められています。

一般的にはこの期間内に前年分の申告を行うようになっているのですが、忘れていたという場合にはこの限りではありません。

3月15日までに間に合わなかった場合には前年の申告をすることができないということではなくて、この場合には『期限後申告』という形で確定申告を行うことになります。

期限後申告にはペナルティがある

2月16日から3月15日まで、と期限が定められている以上、この期間を過ぎてから確定申告書を提出した場合には当然ペナルティがあります。

どのくらいのペナルティ(無申告加算税)があるのかというと、税額に対して20%(50万円までの部分には15%)。所得に対してではなくて税額に対して20%であるということに注意です。所得に対して20%を追加されたら死んじゃいますからね。

また、平成28年の税制改正によってペナルティがさらに10%アップしています。

 
無申告加算税は結構大きなペナルティだなぁ・・・確定申告したくないなぁ・・・と思うかもしれませんが、税務調査が入る前に期限後申告を行った場合にはこの無申告加算税は5%に軽減されます。

ペナルティを受けたくないから確定申告しない、という考えではなくて、ペナルティを減らせるから急いで申告する、という考えでやってください。

 
また、確定申告の3月15日というのは納税の期限にもなっています。そのため、納税期限を過ぎてからは本来の税金に延滞税がかかってくるわけですのでこれにも注意が必要です。

とにかく早く申告して税金を払ってください。

税金を払いたくないから確定申告しない??

さて、「確定申告するのを忘れていた・うっかりしていた」というあなたの場合にはここを読んでもう既に期限後申告をする準備に取り掛かっているでしょう。

せっかくですのでついでに「税金を払いたくないから確定申告しない。確定申告しても数字をごまかす。」というガメつい人の末路についても知っておきましょう。

 
申告を忘れていたという場合にかかってくる余計な税金は無申告加算税での20%が最大になるわけなんですが、意図的に数字をごまかしたとかっていう場合に生じる余計な税金はもっと多いです。

こういった場合には無申告加算税や過少申告加算税ではなく、重加算税という形で非常に高い罰則が課せられます。

これまでは過少・不納付による重加算税が35%、無申告での重加算税は40%という高い数字だったのですが、上記の無申告加算税と同様に平成28年度税制改正によってさらに10%ずつ上げられることになりました。

 
このような話を聞くと何だか恐ろしくなってくるかもしれませんが、実際にはこうした重加算税は確信的に常習している個人や法人に対してのみ課せられるものですし、税務署側が勝手な判断で高額な税率を課すこともありません(ちゃんとした法律と証拠に基づいて処理されます)。

ですから、確定申告をするのを忘れていたあなたはあまり震えずに税務署へ言って事情を話して申告書を提出してください。

毎年の確定申告作業が面倒だとかよくわからないとかっていう場合には、この機会に税理士との契約を考えてもいいでしょう。

このページの先頭へ