個人事業主の経費と領収書。とりあえず全部もらっておくべき?

個人事業主として事業を行なっていくのであれば、余計な税金を支払わないためにも経費を適切に計上する必要があります。

経費になるのかどうか、レジの前で迷ったら

もちろん、事業と関係ない費用を経費として確定申告の時に計上してしまうとそれは脱税になりますので、何でもかんでも経費にすればいいというわけではありません。事業に関係のない経費を作って利益を減らすというのは節税ではなく脱税ですので、後々税務調査が入った時に説明に困ることになるでしょう。

普段仕事をしていく中で迷うのは、何か買い物などをした時に「これは経費になるかな・・・?」ということでしょう。経費として認められる出費なのか、それとも認められないのか。はたまたグレーゾーンなのか。要は領収書をもらっておくかどうかということですね。

結論から言うと、

何でも領収書はもらっておきましょう。

経費として計上するかどうかは家(事務所)に帰ってからゆっくり考えればいいんです。事業と関係ない買い物をして領収書を貰うのは別に脱税でもなんでもなくて、事業と関係ない買い物をしてもらった領収書を経費に計上するのが脱税なんですから。

もちろん、そのへんの判断に全く自信がないというのであれば税理士を使ったほうがいいでしょう。

税理士の紹介サービス ⇒ 税理士ドットコム

 
さて、話を戻しますが、家に帰ってから経費になるかどうかっていうのを考えて、関係ないと思ったら経費には入れない。家計簿行きですね。使ったお金の計算を仕事分だけしかやっていないという個人事業主は多いですが、家事分もちゃんと計算しておいた方が後々好結果を生むと思います。

 
・・・え?家計は嫁に握られているからそっちには提出したくないって?

辻ちゃんの領収書の件

以前元モーニング娘。の辻さんがブログでどう見てもビジネスと関係ない領収書をもらっているとして「脱税だ!」「脱税だ!」って騒がれていたんですが、別にそれ自体は脱税じゃないです。

あれを経費にしていたら税務署から「もしもーし」ってくると思いますが。この件で騒いでた人は確定申告とか全然やったことがない人だと思いますよ。

 
っていうか確定申告とか税金の仕組みとかを知らないからああやって騒いでいたんでしょうね。もしも個人事業主や法人経営者が「お友達とランチをして領収書をもらった」ところを見て「脱税だ!」って思うなんて有り得ないことですからね。そもそも「レシート」の日本語訳って「領収書」ですしね。

そんな経営者がいたら超恥ずかしいですからね。「領収書をもらった」という事だけの話であって、別に「関係ない出費で領収書をもらって経費にしちゃったよ~!これで税金も減ってウハウハ」なんてどこにも書いてないわけですから・・・

なんといいますか、やっぱり経歴と見た目から辻ちゃんはそういう会計とか商売とかちゃんとしたことができないようなイメージがあるわけですが、自分のブランドとかを立ち上げて商売しているわけですし(やってましたよね・・・?)、一般の人よりはよっぽど会計知識にも詳しいはずです。算数・数学ができるできないとかそういう事ではなくてね。

きっと顧問契約を結んでいる税理士から「とりあえず何でも領収書はもらっておくように」とか言われてるんじゃないでしょうか?

【参考】

これは個人事業主や企業経営者とは関係ない話なのですが、サラリーマンでも経費になって税金が減るのかと思って領収書を集めてしまっているという人がいるようなんですね。

確かに高額の給料をもらっていて、かつ経費が非常に多い場合には確定申告をする人がいる(ごくわずかな人数ですけど)ので経費として認められるために領収書を集めるわけですけど、普通のサラリーマンの場合には一生懸命領収書を集めても意味がありません。

給与所得控除としてあらかじめ一定額が「経費」として認められているので、頑張って使った費用を計算してもそれを越えて行かないかぎりはムダになるわけです。そもそも大きな経費があった場合には会社に提出して代わりに計算してもらうわけですし。もちろん会社としての経費で認められるものの場合には本人の税金としてではなくて会社に領収書を提出して代わりに払ってもらうわけですから・・・。

この給与所得控除ですが、普通に働いている人にとっては自分で計算するわけではないので経費として扱われて税金が減っているなんて気づかないようですね。そして自分たちは「架空の経費」を「給与所得控除」として認められているのに自営業者や経営者が経費を認められているとかって言って叩きまくります。実際には自分たちの方が脱税まがいだというのに。

そんなに自分が不利益を被っていると思うのであれば独立してみればいいんですよね。同じ金額を稼いでいるのに税金が2倍3倍に膨れ上がって真っ青になるでしょうけど・・・。

安くて優秀な税理士を探しているなら

・新しく税理士と契約したい
・今の税理士の顧問料金が高すぎる
・業界に詳しくない税理士を避けたい
・他の顧客からの評価を知りたい
・自力での節税に自信がない
・とにかく全部プロに任せたい

安くて優秀な税理士を探している経営者に人気のサービスです。

こちらをクリック ⇒ 税理士ドットコム

【メリット】

・税理士と面談して契約するかどうかを判断するだけで済む
・紹介料なし。何度でも無料で紹介
・自分で顧問料や決算料を交渉する必要がない
・全国対応、24時間受け付け
・メールまたはFAXで紹介
・業種別で得意分野を持つ税理士を紹介

【デメリット】

・100%税理士を紹介してもらえるわけではない
 コーディネーターが「今あなたが契約している税理士のほうが安い、あるいは優秀」という判断をした場合には新しい税理士を紹介してもらえないこともあります。

このページの先頭へ