個人事業主の経費と領収書。とりあえず全部もらっておくべき?

個人事業主の経費と領収書。とりあえず全部もらっておくべき?

個人事業主として事業を行なっていくのであれば、余計な税金を支払わないためにも経費を適切に計上する必要があります。

経費になるのかどうか、レジの前で迷ったら

もちろん、事業と関係ない費用を経費として確定申告の時に計上してしまうとそれは脱税になりますので、何でもかんでも経費にすればいいというわけではありません。事業に関係のない経費を作って利益を減らすというのは節税ではなく脱税ですので、後々税務調査が入った時に説明に困ることになるでしょう。

普段仕事をしていく中で迷うのは、何か買い物などをした時に
「これは経費になるかな・・・?」
ということでしょう。経費として認められる出費なのか、それとも認められないのか。はたまたグレーゾーンなのか。要は領収書をもらっておくかどうかということですね。

結論から言うと、

何でも領収書はもらっておきましょう。

経費として計上するかどうかは家(事務所)に帰ってからゆっくり考えればいいんです。事業と関係ない買い物をして領収書を貰うのは別に脱税でもなんでもなくて、事業と関係ない買い物をしてもらった領収書を経費に計上するのが脱税なんですから。

辻ちゃんの領収書の件

以前元モーニング娘。の辻さんがブログでどう見てもビジネスと関係ない領収書をもらっているとして「脱税だ!」「脱税だ!」って騒がれていたんですが、別にそれ自体は脱税じゃないです。あれを経費にしていたら税務署から「もしもーし」ってくると思いますが。この件で騒いでた人は確定申告とか全然やったことがない人だと思いますよ。

なんといいますか、やっぱり経歴と見た目から辻ちゃんはそういう会計とか商売とかちゃんとしたことができないようなイメージがあるわけですが、自分のブランドとかを立ち上げて商売しているわけですし(やってましたよね・・・?)、一般の人よりはよっぽど会計知識にも詳しいはずです。算数・数学ができるできないとかそういう事ではなくてね。

きっと顧問契約を結んでいる税理士から「とりあえず何でも領収書はもらっておくように」とか言われてるんじゃないでしょうか?

節税したいけど税理士は高い・・・というあなたへ


自分で読んで実施する節税法

読んで自分ですぐに実行できる節税なので、
『税理士に会ったり話したり・・・というほどでもない』というあなたに最適。

個人事業主や小さな法人でも税金を安くする方法が身につく
・手間いらずで節税できる
・無駄に経費を使わず節税ができる
税務調査から身を守ることができる
・安心・安全に実行できる

→→→1万円以下の支払いで手に入る節税マニュアルはこちらから。

個人事業主の税金〜節税できなきゃ損をする〜 TOP » 経費と税金 » 個人事業主の経費と領収書。とりあえず全部もらっておくべき?