平成23年分確定申告のお知らせが来ました

ウチにも平成23年分確定申告のお知らせが届きました。3つ折りのペラッとしたやつです。最近個人事業主の方で「確定申告書が郵送されてこない」という人が結構多いんですけど、このお知らせの中を読んでいただければわかるように、行政コスト削減ということで確定申告書は郵送されてきません。

確定申告書は申告書作成会場に行けばもらえますし、むしろ今は申告所会場ではパソコンの前に案内されてインターネット経由で『確定申告書等作成コーナー』を利用するという税務署が多いんじゃないでしょうかね・・・。あまり慣れていない人であっても聞きながらやれば多分問題なくできると思います。確定申告書の作成会場に行く時には多分各種計算も終了して後は書きこむだけという状態の人がほとんどでしょうから。

もっともネット上でそういうものを入力するのはちょっと怖いという人もいるでしょうし、多分手書きでやりたい場合は手書きでやりますって言えば大丈夫なんじゃないでしょうか・・・。まあ私みたいに文字にあまり自信がないという人の場合には勝手に印刷されて出てくるシステムのほうが有難いといえるんですけどね。

何というか、多分実際にはそんなことどうでもいいんでしょうけど、文字が汚い個人事業主と文字がきれいな個人事業主とではどちらが税務署員には目をつけられるのだろうか?とか考えちゃうわけで。文字が汚いと申告書内容も財務内容も汚いだろうから入念にチェックされるのかな~とか、むしろ逆に汚くて読みにくいからってパスされちゃうのかな~とかって余計なことを考えてしまうわけなんですよね。まぁそんな下らないことを考えてる暇があったらさっさと仕事に戻って一円でも多く稼げよって話なんですが。はいスミマセン。

さて、私の地域では平成23年度分から申告書作成会場が変更になったのですが・・・何で駐車場が狭い場所に変更になっているのか。これは間違いなく申告期間が始まったら大混乱になりますね。多分3日目くらいには『駐車場が狭すぎて皆来れないようなので会場を変更しました』なんてお知らせが届いちゃうような気がしています。

後日談:お知らせは届きませんでした

残念ながら(?)申告書の作成会場を変更しましたっていうお手紙は届きませんでした。うん、まあ余計に混乱を招くでしょうからね。でも多分駐車場が狭すぎて現場は・・・というか駐車場係のおじさんが大変なことになっていたんじゃないかと思います。

こういう場合にはインターネット上で申告書を作成してそのままネット経由で提出してしまうか、印刷して郵送するかのどっちかでしょうね。ただ単に提出しにいくだけなのに駐車場に行列して、申告書の作成会場の中でも行列して・・・っていうのは納税する側にとっては非常にしんどいものがあります。そんな苦労をする暇があったら仕事してもっと大金を稼ぐとかせめて節税について勉強して次年度の納税額を圧縮するかした方がいいですから。

基本的に申告書の作成会場は税務署以外にも受けられていることがほとんどなので、直接提出だけしたいという場合(すでに書類が全部揃っているという場合)には税務署に持ち込んじゃったほうが早いかもしれません。ただし、税務署に持ち込む場合には最低限の確認しかしてくれませんし、何か間違いがあったら持って帰って申告書の作り直しをしなければならないケースがほとんどでしょう。

毎年確定申告書の作成会場は大混雑して提出の順番待ちやパソコン作業の順番待ちをするよりも駐車場の空き待ちをする時間のほうが長くなるものなので、なるべくだったら作成会場には行かないようにしたほうが無難でしょうね。都会や大きな都市ではその辺は問題ないのかもしれませんが・・。

安くて優秀な税理士を探しているなら

・新しく税理士と契約したい
・今の税理士の顧問料金が高すぎる
・業界に詳しくない税理士を避けたい
・評判の悪い税理士を避けたい
・自力での節税に自信がない
・とにかく全部プロに任せたい

安くて優秀な税理士を探している経営者に人気のサービスです。

こちらをクリック ⇒ 税理士紹介エージェント

【メリット】

・税理士と面談して契約するかどうかを判断するだけで済む
・紹介料なし。何度でも無料で紹介
・自分で顧問料や決算料を交渉する必要がない
・全国対応、土日祝も受け付け
・業種別で得意分野を持つ税理士を紹介

【デメリット】

・100%税理士を紹介してもらえるわけではない
 コーディネーターが「今あなたが契約している税理士のほうが安い、あるいは優秀」という判断をした場合には新しい税理士を紹介してもらえないこともあります。

このページの先頭へ