ぼったくり税理士に遭うのは事業主が無知だから?

税理士料金というのはその税理士事務所によって様々です。安い料金で顧問を引き受けてくれる税理士もいれば、超ぼったくりと言わざるをえない税理士もたくさん日本にはいるわけです。

できれば安い料金で、いい税理士に顧問になってほしい。何でぼったくり税理士っていうのが存在するのでしょうか?

顧問契約を頼む側が税理士相場に無知だから?

特に何も考えずに税理士を決めた場合などがこれに相当します。昔はインターネットを使って料金を比較するなんていうこともできませんでしたし、何となく人づてや義理によって顧問契約を頼んでいたということも多かったわけです。

すると、特に毎月何の指導もしてくれなくて、最後に確定申告をちょちょっとやっておしまい。それで月10万円。なんていうことがザラだったり。他の経営者・事業主と料金相場について話をすることがなければ実態を知ることはできないでしょうし、他の人に相場を聞いて初めてビックリ、なんていう場合も。

CMで、「税理士いないかな~」「タ○ンページで探そう!」「おお!ここだここだ!」なんてのはとんだカモネギでございます・・・

⇒ 税理士の顧問契約の相場はどのくらいなのか?

実は優秀な税理士だったり。

月額顧問料が高い税理士の中には、本当に優秀なので料金が高いという人もいるわけです。そんな優秀な人が格安で顧問契約をしてくれるとしたら、皆殺到してサービスの質が落ちてしまいます。

そういう事態を避けるために月額顧問料を高く設定しているという場合があったりするんですね。まぁ、少数派ですが。

あとは・・・優秀というのかどうかわかりませんが、契約していると税務調査が入りにくかったりする税理士もいたりしますよね?もちろんそれで割に合うというのであればそれは事業主の自由なわけですが。

特に近所に税理士がたくさんいなかったら選択の余地がないんですよね。顧問料の相場もよくわからないし、その税理士の評判も全然わからないし。経営者の知り合いがいなかったら評判自体聞くことができませんしね。そういった場合には専門の税理士紹介サービスを申し込んでみるというのはいい方法かもしれません。

税理士紹介サービス ⇒ 税理士ドットコム

税理士にかぎらず様々な商売ではぼったくりが基本?

こういったぼったくり価格の問題っていうのは、税理士にかぎらず様々な業界で存在するわけじゃないですか。携帯電話料金だったり電気料金だったり、特に出費やら経費やらに敏感な事業主だとこういう部分が気になってしまうんですよね。

雇われの身だと「別に経費で落ちるからいいか~」とかって軽く考えてぼったくり価格で何か購入してきちゃったりするものですが、なかなか自分の首まで締めていることには気付かないものです。

出費に関わるものであれば全て事業主自身が決定に関わるシステムにしておかないとぼったくりに会うことは多いです。

 
特にほら、家電製品なんかは実店舗とインターネット上での価格に物凄く乖離があることが多いですよね。その辺の電器店で購入すると倍くらいのお金を取られちゃったりするものです。

大手家電量販店ですらネット価格には敵わないのに、近場で済ませようと思ってぼったくり家電店で何でも購入するっていうのはビジネスを本気で考えているといえるのかどうか・・・。

 
税理士の場合には、大した働きをしてくれない人に限って高額の料金を請求してくることがあります。

特に、人づてで紹介してもらうと顧問料の価格交渉もやりにくいですし、半年くらい付き合ってみて無能だということがわかったとしても紹介車の顔を潰さないためになかなか顧問契約を解消できないことが多いですね。

そういう意味でも人情とかしがらみとかに影響されないネットの紹介サービスを使うというのは有利です。

安くて優秀な税理士を探しているなら

・新しく税理士と契約したい
・今の税理士の顧問料金が高すぎる
・業界に詳しくない税理士を避けたい
・他の顧客からの評価を知りたい
・自力での節税に自信がない
・とにかく全部プロに任せたい

安くて優秀な税理士を探している経営者に人気のサービスです。

こちらをクリック ⇒ 税理士ドットコム

【メリット】

・税理士と面談して契約するかどうかを判断するだけで済む
・紹介料なし。何度でも無料で紹介
・自分で顧問料や決算料を交渉する必要がない
・全国対応、24時間受け付け
・メールまたはFAXで紹介
・業種別で得意分野を持つ税理士を紹介

【デメリット】

・100%税理士を紹介してもらえるわけではない
 コーディネーターが「今あなたが契約している税理士のほうが安い、あるいは優秀」という判断をした場合には新しい税理士を紹介してもらえないこともあります。

このページの先頭へ