免税事業者が消費税を請求するのは構わない

2015年現在、個人事業主は課税売上高が1000万円を下回っている場合には免税事業者として消費税の納付を免除されています。これについては法人と同じですね。

(税制改正によって変更になる場合がありますのでその都度ご自分でも確認してください)

そして、事業が順調に育って課税売上高が1000万円を超えた場合。この瞬間から消費税を支払うことになるのかというとそうではありません。1000万円を超えた年の翌々年から消費税を納付することになります。(2011.4.1)
平成25年からは前年1月1日から6月30日までの間に課税売上高が1000万円を超えた場合には課税事業者になります(個人事業主の場合)。

例えば、10年度に1200万円の売上高があった場合。ここで1200万円に税率をかけて消費税を納めるのではなく、翌々年、つまり12年度の売上高に対して消費税を支払います。12年度が100万円しか売り上げることができなくても納付する義務が生じるというわけです。

消費税を請求してもいいの?

で、免税事業者としてビジネスをしている場合に問題となる事が1点。客や取引相手から消費税をとってもいいのか?ということです。結論から言うと、全然構いません。免税事業者は消費税をとってはいけないなんてどこにも書かれていませんから。

第一取引相手の売上高がいくらかなんていうことは相手先は知りませんし、一般の消費者は消費税の仕組みについてほとんど知らないでしょう。消費税を値引きした所で「やった!ラッキーな店だ」と思う程度で、免税事業者の店で消費税を取られたとしてもその支払った分がお店の儲けになるなんて気付くわけがありませんからね。もっとも、中小企業や個人事業主は、取引相手から強制的に消費税分の値引きを要求されることが多いでしょうけど・・・。

それに、商品を販売するのであれば、仕入れの際に消費税を支払っているはずです。販売する時に消費税分を請求しないとしたら完全に損をすることになりますよね。わざわざ自分の利益を減らすような真似をするのは経営者としてどうかと思いますが。

ちょっと勉強すればわかりますが、消費税は公平だなんて嘘っぱちです。何で大企業が消費税の増税に賛成なのか(特に自動車とかの産業・・・)、調べてみればそのカラクリがわかります。

そもそも請求せざるを得ない理由

商売が順調であれば、いずれは消費税の課税事業者になるわけです。ということは、その時点で商品の値段に消費税を加えていなければ後から値上げを行うことになります。値上げをしてしまっても売り上げは変わらないでしょうか?

第一、いつ課税事業者になるのかは正直言ってわからないじゃないですか。それに備えてちゃんと消費税を請求しておいたほうが身のためですよ。
自分が免税事業者だからといってお客へのサービスと考え消費税分を値引きしていたとしても、いざ課税事業者になった瞬間に消費税分をアップしたらどうなりますか?絶対お客が逃げないと言い切れるでしょうか。

某コンビニエンスストアのおにぎりみたいに、
・消費税5%時・・・105円(税込み)
から、
・消費税8%時・・・113円(税抜き105円)
くらいえげつなくやるっていうのも商売の一つの方法なのかも。このおにぎりの例はやり過ぎでほぼ詐欺だと思いますが。

まぁもっと悪質で完全な詐欺になっているのもありますけどね。自動販売機のジュースです。
・消費税なし・・・100円
・消費税3%・・・110円
・消費税5%・・・120円
・消費税8%・・・150円
恐らく消費税が10%になったら170円くらいでしょうか?スーパーでは100円を割る値段で販売されているものがこういった値段になるわけです。100×1.08=150だったとは、我々は義務教育からもう一度やり直さないといけませんねー(棒読み)

安くて優秀な税理士を探しているなら

・新しく税理士と契約したい
・今の税理士の顧問料金が高すぎる
・業界に詳しくない税理士を避けたい
・評判の悪い税理士を避けたい
・自力での節税に自信がない
・とにかく全部プロに任せたい

安くて優秀な税理士を探している経営者に人気のサービスです。

こちらをクリック ⇒ 税理士紹介エージェント

【メリット】

・税理士と面談して契約するかどうかを判断するだけで済む
・紹介料なし。何度でも無料で紹介
・自分で顧問料や決算料を交渉する必要がない
・全国対応、土日祝も受け付け
・業種別で得意分野を持つ税理士を紹介

【デメリット】

・100%税理士を紹介してもらえるわけではない
 コーディネーターが「今あなたが契約している税理士のほうが安い、あるいは優秀」という判断をした場合には新しい税理士を紹介してもらえないこともあります。

このページの先頭へ