個人事業主の確定申告時医療費控除の対象にならないものとは?

前回のお話の中で、いくつか医療費控除の対象にならないものについて解説しました。

・風邪薬は医療費控除の対象となるが、ビタミン剤は医療費控除の対象とはなっていない。
・疲労や体調回復のためのマッサージ費用は医療費控除の対象とはならない。

他にも色々と「これはどうなんだろう?」という部分があると思います。ここで例を見ていきましょう。

健康診断の費用

健康診断の費用は医療費控除はできません。できない・・・のですが、健康診断の結果疾病が発見されて引き続き治療を行うことがありますよね。というか、その治療を行うために健康診断があるわけです。

ということで、健康診断が疾病治療につながるものとなった場合には医療費控除の対象になります。健康診断で何も発見されなかった時には控除できないと考えれば簡単です。

健康診断 → 疾病が見つかって治療した → 医療費控除の対象になる
健康診断 → 健康体だった → 医療費控除の対象にならない

健康だった時には控除ができないので何となく損したような気分になりますが、実際には病気治療をしているほうが最終的に多額の費用がかかっているので何事も無くて良かったと考えましょう(汗)

むしろこういった医療費控除のシステムがあるために、損をしたくないのでちゃんと治療を受けるようになる人が多くなる・・・ということを狙っているのかもしれません(いや、そうなると国の医療費が高くつくからそうではないのか・・・?)。

義手・義足・松葉杖・義歯など

診療・治療のために必要であれば医療費控除の対象になります。義手・義足・松葉杖・義歯などが診療・治療以外で使われることなんて想像できませんが・・・。

ということで一応調べてみたんですけど、歯の治療においては金などを使っての義歯では一般的な治療として医療費控除の対称となるそうです。しかし、物凄く高額な材料を使ってしまって通常の水準ではない費用になった場合には医療費控除の対象にならないとのこと。

松葉杖が認められないというケースは・・・う~ん、どうなんでしょうね?道端で邪魔な人を松葉杖で殴って歩いているのが目撃されたようなケースでしょうか?よくわからん。

通院費用

医療費控除の対象となります。ただし、自家用車で通院した時のガソリン代・駐車場代は含まれません。バスとか電車とかの場合には領収書がありませんので、ノートなどにメモしてちゃんとまとめておいてください。

非常に遠方の病院に通院する場合には通院費用も高額になります。この場合には一律医療費控除にならない場合がありますので、税務署で確認する必要があるでしょう。また、一人で通院できない場合には付添人の通院費用も含まれます。通院時に宿泊した場合の宿泊費は対象になりません。

自家用車によって通院した場合のガソリン代や駐車場代も医療費控除の対象にはならない・・・ということでバスや電車で通院したくなりますが、まぁそこは個人個人の考え方次第でしょうね。時間を取るか、お金を取るかという選択でもあります。

コンタクトレンズ

視力を矯正するコンタクトレンズですが、これについては医療費控除の対象となっていません。医師の指示によって購入した弱視用メガネや斜視用メガネなどは医療費控除の対象となります。当然カラーコンタクトレンズの購入費用は控除できません。ちなみにレーシック手術の費用は今の所医療費控除の対象となっているようです(2015年)。あと、これは私は内容に詳しくないんですけど角膜の屈折異常を回復させるためのオルソケラトロジー治療というものも医療費控除の対象になっています。

他に特殊なものといえば、出産でのタクシー代でしょうか。緊急で入院する場合にはその時にかかったタクシー代も医療費控除の対象として認められています。なんたって緊急時ですから、タクシー代が控除されないとなると普通にバスとか電車で・・・とか考えちゃう人も中にはいるでしょう(いないか)。そうなった場合に法整備した人間が責められる可能性もありますので、出産時のタクシー利用については医療費控除が可能です。

安くて優秀な税理士を探しているなら

・新しく税理士と契約したい
・今の税理士の顧問料金が高すぎる
・業界に詳しくない税理士を避けたい
・評判の悪い税理士を避けたい
・自力での節税に自信がない
・とにかく全部プロに任せたい

安くて優秀な税理士を探している経営者に人気のサービスです。

こちらをクリック ⇒ 税理士紹介エージェント

【メリット】

・税理士と面談して契約するかどうかを判断するだけで済む
・紹介料なし。何度でも無料で紹介
・自分で顧問料や決算料を交渉する必要がない
・全国対応、土日祝も受け付け
・業種別で得意分野を持つ税理士を紹介

【デメリット】

・100%税理士を紹介してもらえるわけではない
 コーディネーターが「今あなたが契約している税理士のほうが安い、あるいは優秀」という判断をした場合には新しい税理士を紹介してもらえないこともあります。

このページの先頭へ