確定申告のやり方が分からない場合はどうすれば?

個人事業主としてビジネスをスタートさせたばかりというような人の場合には、確定申告のやり方が分からないということもあるでしょう。なんとなく税理士にお金を払って確定申告をしなければいけないような気がするという人もいるかとは思いますが、別にそうしなければならないというわけではありません。

国税庁ではホームページ内に確定申告書等作成コーナーを用意していて、金額を自分で入力していくことによって税金の額などを自動計算することが可能です。それに伴って所得税の確定申告書や青色申告決算書なども自動で作成できます。

日々の業務内でちゃんとした簿記が行われているのであれば、数字を入力していくだけなのでそれほど難しい作業ではありません。確定申告をすることよりも、普段から仕訳などをちゃんと行っているかがポイントになると思います。

最初の頃はなかなか貸借対照表とかの数字が一致しなくて悩むこともあるかもしれませんが、これは手書きでも同じこと。むしろインターネットの確定申告書等作成コーナーでは数字が完全に合わないと先の入力ステップへ進ませてくれませんので、正確な確定申告をする手助けになってくれると思います。

昔は税務署などの確定申告相談コーナーでは手書き用紙で手伝ってもらうことがほとんどだったのですが、最近は上記の確定申告書等作成コーナーを利用してパソコン入力に切り替わっているところが多いです。一度決算時に手伝ってもらえば、翌年からは自宅で自分一人でできるようになる方も多いと思います。

青色申告者の場合には

確定申告相談コーナーには、個人事業主だけではなく一般で確定申告が必要になった方もたくさん来ています。こういう人達が確定申告の方法が全くわからなくて1から教えてもらうというのはよくあることなのですが、青色申告を申請している個人事業主が仕訳や帳簿付けなどを1から指導してもらうというのは有り得ないことです。

そもそも青色申告の要件として日々帳簿をつけて複式簿記で記帳して貸借対照表と損益計算書を作成することが要件なのに、「簿記とか全くわかりません・・・」って確定申告相談コーナーに来るようでは青色申告特別控除を受けたりその他の特典を受ける資格が無いのでは?(汗)

もちろん確定申告相談コーナーとか税務署とかに行っても節税の仕方なんて言うものは教えてくれません。当たり前ですけど。「青色申告にすると控除額が増えますよ~」くらいのものでしょうか。節税を上手に実施したいというのであれば自分で勉強するか税理士に聞くかしかないと思います。

 
ただ、税理士と顧問契約を結んで節税をするということになると、どうしても費用対効果が気になってしまいますよね。

節税できた金額は増えたけど、そのほとんどが税理士費用に消えた・・・なんていうのでは意味がありません。一人の税理士を養っているだけです。

下手すると、節税額よりも税理士費用のほうが多かったなんてことにもなりかねませんから、顧問契約を結ぶ際には現在の利益額なども考えながら顧問料などをちゃんと交渉しておきましょう。

こういった交渉が苦手な経営者は無駄に税理士費用を払っていることも多いようです。自分で交渉することがどうしてもできないという場合には、税理士探しをする段階から紹介サービスを使って、さらに料金交渉も代行してもらう方が無難ですね。

税理士紹介サービス ⇒ 税理士ドットコム

 
ということでですね、青色申告で確定申告を行う個人事業主(まさか法人にしていて会計がワカランという人はいないですよね・・・)は、ちゃんと自分で複式簿記がつけられて確定申告までできるようになっておきましょう。

確定申告の作業の流れはわかっているけれど、なぜか最後の数字が合わないとか、そういう時に確定申告相談コーナーとか税務署を利用するべきじゃないかなーと個人的には思います。もしも全然わからない、という場合には税理士に頼むしかないですけどね。

安くて優秀な税理士を探しているなら

・新しく税理士と契約したい
・今の税理士の顧問料金が高すぎる
・業界に詳しくない税理士を避けたい
・評判の悪い税理士を避けたい
・自力での節税に自信がない
・とにかく全部プロに任せたい

安くて優秀な税理士を探している経営者に人気のサービスです。

こちらをクリック ⇒ 税理士紹介エージェント

【メリット】

・税理士と面談して契約するかどうかを判断するだけで済む
・紹介料なし。何度でも無料で紹介
・自分で顧問料や決算料を交渉する必要がない
・全国対応、土日祝も受け付け
・業種別で得意分野を持つ税理士を紹介

【デメリット】

・100%税理士を紹介してもらえるわけではない
 コーディネーターが「今あなたが契約している税理士のほうが安い、あるいは優秀」という判断をした場合には新しい税理士を紹介してもらえないこともあります。

このページの先頭へ