料金ぼったくりの税理士なんかクビにしろ!

税理士がいないとなんとなく不安だけど、顧問料金が高い・・・というのは個人事業主であれば誰でも持っている悩みだと思います。

実際、税理士料金の相場といえば月額2万円から3万円、決算時の料金として15万円くらい費用がかかってしまうのが普通です。これって・・・普通の個人事業主であれば躊躇する金額ですよね?下手すると税理士をつけて節税できた金額よりも、税理士に払う費用のほうが多かったりします。

月3万円払って決算費用も払ったら、1年で50万円とかになりますからね・・・

 
多分デビューしたての個人事業主の人(で損している人)って、

確定申告がよくわからない

税務署に相談に行く

税務署員「税理士に相談しましたか?」

事業主「いいえ税理士契約していません」

税務署「じゃあ紹介しましょうか」

ぼったくり税理士を紹介される。

みたいなパターンだったりすると思うんですよ。最近はここまではやらないか。元々確定申告もよくワカランというレベルだから、税理士にぼったくられていても気付かない。

どのくらいだったら高い・・・?

実際に、税理士報酬がどのくらいだったら高いのか安いのかよくわからないという人もいると思います。

知り合いに別の税理士をつけている人がいれば聞いてみればいいのですが、最近は事業の多様化で特に経営者の知り合いがいないとか、家に篭って仕事しているという人も多いでしょう。

 
もっとも、知り合いが多すぎるっていうのもまた別の問題を生んでしまいます。人脈がどうこう・・・ってすぐ口に出してしまう人同士では、税理士選びも人脈頼みになってしまいがちです。

知り合いに税理士を紹介してもらうとどうなるかって、特に問題になるのはこれですね。

・料金交渉ができない
・無能でも契約を切れない

特に料金に関しては上限ギリギリまで要求してくることが多いのですが、交渉する術がありません。下手に値切ろうものなら、その紹介してくれた○○さんの顔を潰してしまうことになるわけで・・・。

そういうわけで、人脈を使って税理士を紹介してもらうのはやめましょう。

  
ついでに、平成14年に廃止されたものではありますが、税理士会が定めていた税理士報酬についてちょっと見てみましょう。個人事業主に関係する部分について一部の抜粋です。長くなっちゃいますからね。

税務顧問報酬

所得税
総所得金額が200万円未満・・・月額2万円
500万円未満・・・月額4万5千円
2000万円未満・・・月額7万5千円
5000万円未満・・・月額9万5千円

住民税・事業税
所得税の月額報酬の10%

消費税
所得税の月額報酬の50%

税務代理報酬

所得税
総所得金額が200万円未満・・・6万円
500万円未満・・・10万円
2000万円未満・・・25万5千円
5000万円未満・・・40万千円

住民税・事業税
所得税の報酬の30%

消費税
期間取引金額500万円未満・・・2万円
5000万円未満・・・8万円
5億円未満・・・12万円

その他色々

会計顧問報酬・・・税務顧問報酬月額の50%
記帳代行報酬・・・税務顧問報酬月額相当額
決算書類作成報酬・・・税務顧問報酬月額の6ヶ月分または8ヶ月分

どうでしょうか?この通りに支払っていたら税理士報酬だけで売り上げが全部吹っ飛びそうですね(笑)さすがにここまでぼったくっている税理士は今はいないと思いますが・・・。

自分の税理士がこれぐらいの報酬を要求してきたら「べらぼうに高い」と思っていいです。大昔に廃止された報酬の限界点ですからね。

税理士も競争が激しくなってきているのでここにあげた金額よりもかなり安い報酬を提示している人がほとんどでしょうから。もちろん、高くても満足しているというのであれば構わないのですが・・・。

安くて優秀な税理士を探しているなら

・新しく税理士と契約したい
・今の税理士の顧問料金が高すぎる
・業界に詳しくない税理士を避けたい
・評判の悪い税理士を避けたい
・自力での節税に自信がない
・とにかく全部プロに任せたい

安くて優秀な税理士を探している経営者に人気のサービスです。

こちらをクリック ⇒ 税理士紹介エージェント

【メリット】

・税理士と面談して契約するかどうかを判断するだけで済む
・紹介料なし。何度でも無料で紹介
・自分で顧問料や決算料を交渉する必要がない
・全国対応、土日祝も受け付け
・業種別で得意分野を持つ税理士を紹介

【デメリット】

・100%税理士を紹介してもらえるわけではない
 コーディネーターが「今あなたが契約している税理士のほうが安い、あるいは優秀」という判断をした場合には新しい税理士を紹介してもらえないこともあります。

このページの先頭へ