税理士が節税してくれない。税理士を変えたい。というあなたへ

税理士が節税してくれない。税理士を変えたい。と思っていませんか?意外に思うかもしれませんが、本来税理士の仕事は申告や税務のアドバイスと代行なのですから。節税については多分契約内容に入っていないんじゃないでしょうか。

節税してくれないんだったら単なる便利屋、単なる申告代行業みたいなものです。多分経営者側で節税について聞けば相談には乗ってくれると思うのですが。下手すると節税対策で別料金、なんてアコギな商売をしている税理士もいます。

でも、実際のところは税理士を変えるのってなかなか難しいですよね。付き合いが長かったり友人だったり親戚だったり飲み仲間だったり。正直言って能力的には不満があるけど関係を切れない・・・という事業主が多いのも事実です。

自分で動かなければ節税はできない

税理士にとって、顧問報酬や書類作成代行報酬は、クライアントの個人事業主の利益とはそれほど密接な関係がありません。

ろくでもない税理士なんかだと、ただ日々の仕事をこなせば報酬が毎月受け取れるので、クライアントの利益なんかどうでもいいと考えている人もいます。

 
そんな税理士にあたってしまった場合には、どうにかして自分で節税対策をしない限りは税金を無駄に払うだけになってしまいますね。というか、節税するよりもそういう税理士をクビにしちゃった方が利益向上につながるかもしれませんが。

節税は税理士じゃないとできない、と思っていませんか

税理士じゃないと節税はできないと思っている個人事業主は何故か沢山います。別に普通の人でも節税対策・・・というか皆が当たり前にやっていることはできるんですよ?

基礎控除は税理士がついていない人は適用されませんか?そんな事はないですよね。税理士なしでも今なら1クリックで適用されます。

青色申告特別控除は税理士がいないとできませんか?そんな事もないですよね。ちゃんと記帳して申告書類を作ることができれば誰でも適用されます。

 
結構当たり前なことでも、全部税理士に任せっきりにして自分が勉強していないために節税対策ができていないという個人事業主はたくさんいます。

税法に詳しくて知っていることをクライアントに提供してくれるから税理士はお金を払う価値があるわけで、何の役にも立ってくれない税理士だったら意味がありません。

使えない税理士にいつまでもお金を払い続けている人もいる

そんな残念な税理士と顧問契約を結んでいて、ほとんど役に立っていないとわかっているにも関わらずズルズルと関係を続けている経営者はたくさんいます。

「父親の代からの関係だから・・・」
「今から契約を切るなんてできないから・・・」
「どうやって断ればいいかわからないから・・・」

と言って、毎月何万円も払い続けているなんてことが多くあります。年額にすれば40万にも50万にもなるでしょう。10年無駄に支払いを続けていたら500万円を超えてしまいます。1年無駄に働いてますね。

 
税理士との顧問契約を解消する一般的な方法としては、

「親戚が税理士になった」
「古い友人が税理士になった」

ということを伝えるのが一般的です。ホントだろうがウソだろうが知ったこっちゃありません。

ふつうはこれで税理士側としては「ああ、そういうことか・・・」と引いてくれます。

その上で新しく契約する税理士を探すと良いでしょう(順番はどちらが先でも良いですが)。今度はちゃんと仕事をしてくれてそこそこ料金の安い税理士が見つかるといいですね。

税理士を変えたら復讐されるのでは?

もう一つ問題になることとしては、やはり「顧問契約を切ったら何らかの形で復讐されるのではないか?」という不安ですね。

税務関係のことだけではなく事業内容などを全て知られてしまっているわけですから、何をされるかわかったもんじゃないという心配はあります。

 
特に、「アイツ脱税してますよ」とかって税務署にタレ込まれたらどうしよう・・・とかって悩んでいる人は多いようなのですが、これは別に心配いりませんね。

脱税してるとしたら、脱税させたのはその税理士ということになるわけで・・・逆恨みしてそんなタレ込みをしても税理士側にメリットがありません。

こういった心配をすることなく、顧問契約は切りたいと思ったら切っても問題ありません。

新しい税理士をどこで探すか?

使えない税理士との契約を解消した上で、今度は新しい税理士を探すということもしなければなりませんよね。自分一人の力で節税なんかできないですし、本業に力を入れていればそんな暇もないわけですから。

ここで多くの人がやってしまいがちなのが、「前の使えない税理士(ちゃんと税金対策をしてくれない税理士)を見つけたときと同じやり方をしてしまう」ということですね。

例えば・・・

近所にある税理士事務所に飛び込んでみる
誰か知り合いに紹介してもらう

こういうやり方で探している人は、大抵その後の税理士の働きに対して不満を持っていることが多いですから何度繰り返しても同じことです。

特に「知り合いに紹介してもらう」というやり方については、「優秀な税理士だから紹介する」ということではなく「自分のところの税理士だから紹介する」というだけであって、その後ちゃんと期待どおりに働いてくれるかどうかという保証がありません。

 
下手するとその知り合いの腹の中はこんな感じかもしれないですしね。

○実は高い紹介料が貰えることになっている
○実は大した仕事をしない税理士だけれども先代からの付き合いなので切れない。ここで一つ税理士に恩を売っておいて、今後ちゃんと働いてもらえるように交渉カードを持っておこう

前者はともかく、後者のパターンで紹介を受けたらヤバイことになるでしょうね。節税対策どころではありません。

 
ではどうやって優秀な税理士を見つければいいのか?となると、間にちゃんとしたエージェントに入ってもらって紹介を受けたほうが良いでしょう。

ビジネスとして税理士の紹介をしている企業であれば、変な税理士や使えない税理士を紹介してしまったら自分の会社の評判まで落としてしまうわけです(そうなると今後紹介を求める人が来なくなるので潰れてしまいます)。

「ちゃんとした人を紹介してほしい経営者」「ちゃんとした人を紹介しなければならないエージェント」という関係であれば、その辺の知り合いに紹介してもらうよりも満足行く結果になるのではないでしょうか?

どういった流れでの紹介や契約になるかということについてはこちらのページをチェックしてみてください。

こちらをクリック ⇒ 税理士ドットコム

安くて優秀な税理士を探しているなら

・新しく税理士と契約したい
・今の税理士の顧問料金が高すぎる
・業界に詳しくない税理士を避けたい
・他の顧客からの評価を知りたい
・自力での節税に自信がない
・とにかく全部プロに任せたい

安くて優秀な税理士を探している経営者に人気のサービスです。

こちらをクリック ⇒ 税理士ドットコム

【メリット】

・税理士と面談して契約するかどうかを判断するだけで済む
・紹介料なし。何度でも無料で紹介
・自分で顧問料や決算料を交渉する必要がない
・全国対応、24時間受け付け
・メールまたはFAXで紹介
・業種別で得意分野を持つ税理士を紹介

【デメリット】

・100%税理士を紹介してもらえるわけではない
 コーディネーターが「今あなたが契約している税理士のほうが安い、あるいは優秀」という判断をした場合には新しい税理士を紹介してもらえないこともあります。

このページの先頭へ