個人事業主の確定申告は、コツをつかめば超簡単!

初めての確定申告、正直言って面倒そうだし、よくわからないし、
とにかく気が重いという人がほとんどなのではないかと思います。税理士に日頃からお世話になっていれば、確定申告も簡単ですし、そもそもこのサイトを見てはいないと思うのですが、ほとんどの人はそうではないでしょう。

実際のところ、毎年毎年確定申告でやらなければならないことは決まっていますし、特に経営上変わったことがなければ大方はパターン化されたものに数字を入力していくだけです。

特にインターネット上で提供されている確定申告書等作成コーナーを利用することで個人事業主の場合には非常にスムーズに確定申告作業を完了することが可能になっています。

ただ、その数字を揃えていくというのができないという人が結構いる。売上がいくらで、経費がいくらで、という数字をちゃんと準備していれば問題ないのですが、では予めどんな準備をしていれば良いのでしょうか。

申告期間前から準備を

個人事業主の確定申告は、翌年2月16日から3月15日までと期間が決められています(休日にかかっている場合にはもうちょっと長くなります)。しかし、この1ヶ月間に確定申告の準備をして申告をするというわけではなく、申告期間前のいつもの仕事の中で準備は進んでいます。・・・進んでいるはずです。

仕入れをしたり、物を売ったり、必要なものを買ったり、給料を支払ったり・・・。日々お金のやりとりを誰にどのくらいしているか、という計算をして税金をいくら払わなければならないか算出するのが確定申告です。

つまり、毎日の取引について普段から納品書や領収書を整理・貴重しておく必要があります。逆に言えば、ちゃんと帳簿をつけていれば確定申告の時期になってから焦ることもありませんし、恐れることもありません。

普段の整理整頓が肝心

帳簿をちゃんとつけていないという人は、確定申告の時期になると大変です。領収書などを引っ張り出してきて年度の最初から計算していくことになります。普段から整理整頓をしていない人の場合には、領収書の保管なども適当でしょうから、なかなか申告書の作成が進まないことでしょう。

確定申告の作成書類は、どこにどの数字を入れていけば良いのかちゃんと説明がありますから、領収書などを保存して帳簿をちゃんと付けていればきっちり計算が合うことになっています。

とは言っても、そんなに簡単にできないよ・・・という人もいるでしょう。確定申告がよくわからない、どうしたらいいんだ、という人は、整理整頓の部分をおろそかにしているというひとが多いのではないでしょうか。

過ぎたことは仕方ないので、今日からちゃんと帳簿をつけていきましょう。年明けに不安な気持ちで申告期間を迎えたくないのならば・・・。

 
帳簿の付け方とか確定申告そのものがよくわからないとかっていう場合には、税理士と顧問契約を結ぶのが無難でしょう。

顧問契約の形態にもいろいろあって、「全部やってもらう」「確定申告だけやってもらう」「帳簿付けは自分で、それ以外は税理士にやってもらう」という選択も可能ですから(選択できない税理士はNG)、税理士費用とあなた自身の税務知識とを検討してなるべく安くやってもらいましょう。

 
ちなみに私は以前は確定申告書の提出が終わった後に領収書とかの書類を綺麗に収納し直していたんですけど、2011年に確定申告書を提出したのが3月11日だったんですね。それで帰ってきて書類とかを全部出して収納し直していたらアレですよ。

もう家の中が何が何だか分からない状態になりまして、綺麗に収納するどころかグチャグチャに。それで済んだだけマシといえばマシだったとは思いますが・・・(というか海から数キロ地点に住んでいたのでそれどころではなかったんですが)。

 
それ以来綺麗に収納し直すっていうことはやめました。もう、ある程度まとまって見やすくなっていればいいかな~という感じもしますので・・・

安くて優秀な税理士を探しているなら

・新しく税理士と契約したい
・今の税理士の顧問料金が高すぎる
・業界に詳しくない税理士を避けたい
・評判の悪い税理士を避けたい
・自力での節税に自信がない
・とにかく全部プロに任せたい

安くて優秀な税理士を探している経営者に人気のサービスです。

こちらをクリック ⇒ 税理士紹介エージェント

【メリット】

・税理士と面談して契約するかどうかを判断するだけで済む
・紹介料なし。何度でも無料で紹介
・自分で顧問料や決算料を交渉する必要がない
・全国対応、土日祝も受け付け
・業種別で得意分野を持つ税理士を紹介

【デメリット】

・100%税理士を紹介してもらえるわけではない
 コーディネーターが「今あなたが契約している税理士のほうが安い、あるいは優秀」という判断をした場合には新しい税理士を紹介してもらえないこともあります。

このページの先頭へ