今年500万円利益が出ました。申告しなかったら税務署にバレますか?

Q.今年500万円利益が出ました。申告しなかったら税務署にバレますか?個人事業主としての登録はしていません。別に大丈夫ですよね?

えーと・・・結論からいうと、バレます。馬鹿ですか?ちゃんと申告して税金払ってください。

多分、利益が500万くらいだとすると、経費がゼロ、その他の控除もゼロだとしても所得税・住民税で100万くらい。事業税が数万円。あとは・・・国民健康保険とかで50万円くらいでしょうかね・・・。

別に全部持って行かれるわけじゃないんですから、正直に申告して税金払っちゃった方が気持ちよく次の年度に臨めるんじゃないでしょうか。多分税務署側としては、未申告を発見した瞬間に調査に入るということはしないでしょう。完全に証拠を押さえたら、しばらく泳がしておいて後からごっそり税金を取った方がいいですからねー。

そもそも、何年も時効になるまでビクビクしながら生活するつもりですか?なるべく税金を払いたくないというのであれば、脱税しようとするのではなく合法的に節税しましょう。

 
基本的に、節税をしようと思ったら税理士と顧問契約を結んで考えてもらうものなのですが、税理士というのは日々の煩雑な事務作業を任せるために存在するわけではなくて、ちゃんと節税してお金を手元に残すために活用するべき相手です。

その辺を認識しないまま付き合っていると、毎年何十万円も支払いながらただ帳簿付けと確定申告を代行させているだけだった、なんていうことになってしまいます。

合法的に節税をしたいというのであれば、税理士と顧問契約をする時に「節税目的」ということをちゃんと伝えて、それについてちゃんと配慮してくれる税理士を選ぶのが良いでしょう。

もちろん、普通の税理士が乗ってくれるのは合法的な節税についての話であって、無茶苦茶な節税をしたいという話には誰も乗ってくれませんからご注意を。

要はあなたは税務署のカモです。

500万円も利益が出ていて黙っておけばバレないだろう・・・なんていうあなたは税務署のカモです。税務署員の点数稼ぎ&ノルマ達成にバンバン利用されちゃいますねー。正直こんな人がたくさんいると大喜びされちゃいますよね。

そんでもってこんな人ばかりだとちゃんと納税している我々のところにも小面倒くさい税務調査が来る割合が減少するのでバンザイってなもんです。

延滞税とか重加算税とか

儲かっているのに確定申告をしなかったり、悪質な脱税をしたりすると、延滞税やら重加算税やらが諸々とついてきます。

延滞税・・・本来税金を収めるべき機嫌までに納めなかった場合。年14.6%の割合で本税に延滞税が加算されます。

重加算税・・・悪質な脱税など、仮想隠蔽があった場合などに課せられます。期限内に申告をしていた場合の重加算税は35%ですが、期限後申告の場合には40%に上がります。

無申告加算税・・・今回の質問の場合にはまずこの無申告加算税が(少なくとも)当てはまりますね。この人が税務調査が行われる前に確定申告を行えば加算税率は5%。しかし、税務調査が入った後だと加算税率は15%(納税額の中で50万円までの部分)or20%(納税額の中で50万円を超える部分)の加算税率が課せられます。

注意してほしいのは、これらの加算税・延滞税は本来払うべき税金に加えて課されるということです。バレなきゃいいだろう・・・的な考えで確定申告をしないでいると、とんでもなく痛い目にあいます。上記の加算税などを見ていただけるとわかると思うんですが、利益を全部ふっとばすほどの税金を持っていかれるんです。

そんな適当なごまかしをしているくらいだったら、ちゃんと税理士をつけて節税したほうがいいですよ。

安くて優秀な税理士を探しているなら

・新しく税理士と契約したい
・今の税理士の顧問料金が高すぎる
・業界に詳しくない税理士を避けたい
・他の顧客からの評価を知りたい
・自力での節税に自信がない
・とにかく全部プロに任せたい

安くて優秀な税理士を探している経営者に人気のサービスです。

こちらをクリック ⇒ 税理士ドットコム

【メリット】

・税理士と面談して契約するかどうかを判断するだけで済む
・紹介料なし。何度でも無料で紹介
・自分で顧問料や決算料を交渉する必要がない
・全国対応、24時間受け付け
・メールまたはFAXで紹介
・業種別で得意分野を持つ税理士を紹介

【デメリット】

・100%税理士を紹介してもらえるわけではない
 コーディネーターが「今あなたが契約している税理士のほうが安い、あるいは優秀」という判断をした場合には新しい税理士を紹介してもらえないこともあります。

このページの先頭へ